不動産のプロが教えます!売却のお悩み素早い対処方法

売却方針の見直しのために、「仲介」と「買取」の違いを知りましょう。
「仲介」「買取」それぞれ違ったメリットが存在します。ご自身の売却方針、諸事情等にあった最適な方法を選びましょう。

仲介と買取の違いまず「仲介」と「買取」の具体的な違いを分かりやすく説明します。

POINT 1

仲介とは?

仲介は不動産業者に売却を依頼し、一般市場で幅広く買主を探します。その分相場どおりの価格で売れる可能性が高まります。下記の買取と違い、購入希望者を見つけることから始めるため、売れるまでの期間が長くなる可能性があります。
少しでも高く売りたいとお考えの方は仲介を選択されるのが良いでしょう。

POINT 2

買取とは?

買取は不動産業者が買主となりますから、価格査定から契約までの流れがスピーディで、話がまとまれば確実に売れる安心感も得られます。一般顧客が買主のときのように住宅ローン特約※などによって、いったん結んだ契約が白紙解除される心配はありません。

※買主の住宅ローン借入れが金融機関から承認されなかった場合に、売買契約を白紙解除する特約。一般消費者が買主のときにはこの特約を付けることが一般的。

「仲介」「買取」の概要を知ったところで、次にメリットを比較しましょう!

POINT 3

仲介と買取のメリット比較

仲介のメリット

買取よりも高価格で売却できる可能性 仲介の場合は、時間をかけて納得できる価格での売却が可能となります。
売却までの期間にゆとりがあり、じっくりできるだけ高い価格で売却したい場合は仲介で売却活動を行うのが有利でしょう。
但し、高く売りたいために、より良い購入者が現れるのを待ち過ぎると、「売れ残り感」が出てしまい、結果的により安く売らなければいけないこともあるので注意しましょう。
購入検討者のさまざまな意見を聞ける 仲介では、不特定多数の人が部屋を見学にくることがある反面、その見学者から様々な意見・感想を聞くことができます。周辺で売りに出ている物件の情報や他と比べて自分の物件がどう映っているのか聞くことができます。
そう言った意見を販売活動に反映させることも可能となるでしょう。
ゆとりをもったスケジュール じっくり納得いく価格で売却活動を行う仲介では、住み替えまでのスケジュールをゆっくり考えることも可能となります。
引っ越しのスケジュールや案内状の発送、時間にゆとりをもって行うことができます。
しかしながら、すぐに売れてしまった場合は、買主からすぐの引き渡しを要望される場合もありますし、逆に前述のようにゆっくり売却期間を取りすぎると、結果として売れ残り感が出てしまうこともあるので注意しましょう。

買取のメリット

スピーディーに現金化 不動産業者が買主のため、査定から現金化までの流れが仲介と比べスピーディに行えます。
急な転勤や相続などで、時間をかけずに急いで物件を売却したい場合には買取が最適な方法です。
ちなみに当社の場合、価格査定から契約、引渡まで最短2週間で行いスムーズな現金化を可能としております。
周りに知られずに売却 仲介の場合、一般市場で幅広く購入希望者を探すために、広告やインターネットを利用し不特定多数の人に向け、販売活動を行ってまいりますので、知人や周囲の人に売却することを知られてしまうこともあります。
買取の場合、不動産業者が買主になるため、広告活動を一切行いませんので、周囲に知られずに売却することが可能です。
第三者に家の中を見られることがない 仲介の場合は、多くの購入希望者が部屋を見学しにこられます。
そのため、見学時は在宅していなければならず、時間が拘束されてしまいます。
もちろん、買取は不動産業者への売却のため、購入希望者の見学などはありません。したがって、見知らぬ人に部屋の中を見られることや、時間的拘束もなく安心して売却することが可能です。
契約の確実性 仲介の場合、買主は一般顧客のため、契約が完了しても「住宅ローン特約」などによって引渡し前に契約が白紙解除となる可能性もあります。
その場合、再度販売活動を行うため、売却までの期間が延びる場合もあります。
それに比べ、買取は不動産業者が買主となりますので、価格査定から契約、決済までの流れがスピーディで、話がまとまれば、確実に売却できるといった安心感が得られます。
瑕疵担保責任は原則不要 仲介の場合、買主は一般購入者であるため、瑕疵担保責任を売主が負わなければなりません。瑕疵担保責任とは、物件の引渡し後に隠れた欠陥、不具合などが発見されたときに、売主がその責任を負うと法律で規程されており、原則免れることはできません。しかし、買取は不動産のプロである不動産業者が買主となるため、瑕疵担保責任が免責となります。
リフォーム不要 買取の場合は不動産業者が購入後、地域や物件の特性を加味した、リフォームを行いますので、売却活動に向けたリフォームを行うなど部屋をきれいにする必要がないので余分な経費を使う必要がありません。
都合に合ったスケジュール 仲介の場合は、購入希望者から値引き以外にも引渡期日の指定など、無理な要望が出されることも少なくありません。
買取の場合、売主の方のご都合に合わせたスケジュール等で売却を進めることが可能となります。
仲介手数料不要 仲介で売却を行う場合、仲介手数料(400万円以上での売却の場合→売却価格×3%+6万円)を依頼した不動産会社に支払わなくてはいけません。
しかし、仲介を介さない買取の場合、買主である不動産会社との直接取引となるので、仲介手数料が不要となります。

次に「仲介」「買取」の価格査定から
売却契約までの流れについて詳しく見てみましょう!

売却契約までの流れ