不動産のプロが教えます!収益不動産の基礎知識

なぜ今、中古で収益不動産なのか先行き不安定な、この時代に。なぜ今、中古不動産で資産運用なのか

Section1新築リスク!

日本人は"新しい物好き"と言われます。新築から100年経った建物が珍しくない欧米の国々に比べ、神社仏閣を除き古い建物を目にすることはあまりありません。

同じようにマンションも新築が好まれるようですが、一般的にマンションにおける新築と中古の価格差割合は15~20%と言われます。つまり新築を買って1年住むか、または貸した段階で、それだけの割合で物件が値下がりをすることも時代や環境によってあり得るのです。。

Section2賃料にも新築リスク

同様に賃貸マンションの賃料にも新築価格(価格プレミアム)が存在します。

新築マンションの募集価格は一般的に10%以上高いと言われます。つまりこれはテナントが入れ替わり、「新築」ではなくなった段階で、当初収受していた賃料がそれだけ値下がりをするとも言えるのです。

Section3安定した中古マンションで資産運用

当社がご案内するテナント付中古マンションには、物件価格にも賃料にも新築プレミアムによる価格下落リスクがありません。
以下が当社物件の特長です。

無理のない資産形成

新築プレミアムによる価格リスクのない中古価格でのご購入により、無理なく資産形成ができます。

安定の収益計画

すでに優良テナントに賃貸されているため「想定」ではなく「実際」の賃貸履歴があり、収益計画が立てやすく安心です。

情報・状況の「見える化」

現場までの賃貸履歴(トラックレコード)をお示しいたします。
また修繕の実施状況、テナントとの賃貸借契約の内容、管理状況などをオーナーに「見える化」としているのも当社の物件の特徴です。

Section4分散投資に向いています

新築と比べ1件あたりの価格が抑えられるので、複数の物件を運用することが可能。
エリア、不動産の種類(マンション・ビル・商業など)、住戸タイプなどが分散でき、その結果リスクが分散されるのも強みです。

まずはお気軽にご相談ください
ご相談お見積りは完全無料です!

ご相談・お問合せフォーム

企業情報・採用情報