Case#03 35歳女性 Cさんの場合収益不動産の体験談

堅実派の私が選んだのは、
自分の目で見て判断できる中古の収益不動産でした。

勤続12年を迎えた会社員のCさん(35)。
時にはブランド製のバッグやエステにお金を使いながらも、日常生活では食費や光熱費を節約して、毎月堅実に貯金を続けてきました。せっかく貯めたお金は着実に増やして、プチ贅沢な楽しみも、もっと増やしたい。
株の投資をやってみたり、外貨投資をやってみたり、試行錯誤を続けています。

ある日、目にした収益不動産のホームページ。不動産投資は、お金に余裕のある人がやる事、大家さんはお金持ちか地主さんだけがなれるものと、何となく考えていたCさんは、そのホームページで、自分の貯金でも充分に不動産投資が始められることを知りました。
不況が続いている今、自分の資産になる物を手に入れるのは大きなメリットだけど、絶対に失敗はしたくない。

それからCさんは、さまざまなホームページや書籍、多くの不動産会社から取り寄せた資料で、収益不動産のことを猛勉強しました。結果としてCさんが多くの物件の中から選んだのは、物件の構造や修繕状況、管理形態や賃貸の履歴など、詳しい情報の確認ができ、さらに確実な利回りが見込めることを確信できた物件でした。

Cさんの投資カルテ

自己資金750万円と借入750万円で、東京都品川区の1DK コンパクトマンションを購入
物件価格:1,500万円 築年:2008年(築3年)
賃料:月額10万円 管理費等:月額1.25万円
借入金:750万円(購入物件を担保に金利4.0%)
投資利回り 簡易利回り(賃料年額÷物件価格) = 8.0%
自己資金750万円に対する実質利回り(賃貸利益年額÷物件価格) = 10.0%

まずはお気軽にご相談ください
ご相談お見積りは完全無料です!

ご相談・お問合せフォーム